1. ホーム>
  2. (10)閑居山・権現山(かすみがうら市)

(10)閑居山・権現山(かすみがうら市)

(10)閑居山・権現山(かすみがうら市)

 閑居山の中腹には筑波花崗岩が広く露出する。その急峻な岩肌の表面には、鎌倉時代に彫られた百体磨崖仏が見られ、茨城県指定の文化財になっている。また、付近にはスダジイやカシ、モミなどの天然林が広がり、ハイキングコースになっている。

 権現山にある御野立所の石碑下には、長径が最大50cmほどのチャートの小岩塊を挟んだ泥質ホルンフェルスが露出しており、海洋プレートの沈み込みの伴う付加体の形成過程を学ぶことができる。筑波変成岩の中にこうしたチャート岩塊を含むものが見られる場所は珍しい。

     『10 閑居山・権現山-写真-』の画像

スマートフォン用ページで見る