1. ホーム>
  2. (19)崎浜・川尻(かすみがうら市)

(19)崎浜・川尻(かすみがうら市)

(19)崎浜・川尻(かすみがうら市)

 出島半島南岸の崎浜・川尻地区では、約7千~6千年前の縄文海進時に形成された侵食崖がよく発達する。この崖には、約13万~12万年前の古東京湾形成時のカキ化石床が露出する。崎浜では、マガキの遺骸が波浪や潮流などによって別の場所に集積した様子が、川尻では、マガキが生息時の直立姿勢をとったまま埋積されており、「リレー戦略」と呼ばれるマガキが少しずつ泥に埋まりながら上方へ成長した様子を露頭で観察することができる。

 崎浜では、このカキ化石床を含む地層を掘り抜いた、本地域では珍しい古墳時代後期の横穴式古墳が残っている。

     『19 崎浜・川尻-写真-』の画像

スマートフォン用ページで見る